「シルエットソフト( Silhouette Soft(R))」の効果やデメリットについて

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通
menu

エイジングケアシルエットソフト(Silhouette Soft®)

シルエットソフト

シルエットソフト
(Silhouette Soft®)

立体的にリフトアップ&小顔形成

立体的にリフトアップ&小顔形成

シルエットソフト(Silhouette Soft®)とは

シルエットソフトとは

シルエットソフト(Silhouette Soft®)はイギリスの製薬会社のSINCLAIR社が開発しアメリカの製造工場で作られています。

また、アメリカのFDAを取得している、たるみ治療や、コラーゲンの生成、小顔形成で使用される溶ける素材でできている糸リフトになります。

メスを使用しないので、切らずに治療を行うことが可能です。

日本市場で出回っていた、「3Dリフト」という糸リフトは、シルエットソフトの古いタイプの商品になります。

カウンセリングから手術の流れまでの動画

実際に当院の遠山医師が行ったシルエットソフトのカウンセリングから手術までを動画でご紹介しています。

カウンセリングやデザインの雰囲気や、麻酔、挿入方法、手術直後の雰囲気などをご確認いただけます。

商品説明イメージ動画

シルエットソフトの商品説明動画です。

挿入方法や、コーンの形状、たるみの仕組み、コラーゲンの生成イメージなどをご覧いただけます。

このような方に向いています

このような方に向いています
  • 法令線が気になる方
  • 小顔にしたい方
  • ゴルゴライン(ミッドチークライン)が気になる方
  • マリオネットライン(ブルドックライン)が気になる方
  • すぐに効果を出したい方
  • たるみが気になる方
  • フェイスラインが気になる方
  • しわが気になる方
  • 肌のハリが欲しい方
  • 顔だけぽっちゃりしている事が気になる方
  • 将来のたるみやシワに対する予防をしたい方
  • 溶ける糸で施術をしたい方
  • FDA認可の糸リフトで治療をしたい方

コーンタイプ

コーンタイプ

シルエットソフトのコグはコーン状(円錐状)になっています。

コグがコーン状になっている形状は、非常に珍しいです。

コーンの大きさは、高さが2.53mm、底辺が1.28mm、頂点が0.3mmになります。

コーンが双方向に向いている

コーンが双方向に向いている

コーンは双方向に向かい合ってついています。
8個、12個、16個ついているタイプの3タイプあります。

コーンの間隔は8個の場合、5mm間隔で、12個と16個の場合は8mm間隔でついています。

シルエットソフトの長さは8個の場合30cm、12個の場合27.5cm、16個の場合26.8cmになります。

皮下組織との接地面積が広い

皮下組織との接地面積が広い

コーンタイプの最大の特徴は、皮下組織との接地面積が広い点になります。

バーブ(トゲ)タイプの場合は、コグが設置する面積はこの図のようにバーブの付け根だけになり狭くなります。

一方コーンタイプの場合、コーンが円錐状の筒型になっているため、筒の外側と内側の広い面積で皮下組織に設置します。

皮下組織に設置する面積が広いと摩擦が大きいので組織をしっかり上に持ち上げることができ、またコラーゲンの生成にも寄与します。

コラーゲンも生成

コラーゲンも生成

シルエットソフトを挿入すると、体が異物反応を起こし、糸とコーンの周りにコラーゲンが生成されます。

このコラーゲンを「コラーゲントンネル」と呼びます。

コラーゲントンネルは、糸が体内に吸収されなくなった後もしばらく存在しつづけます。

挿入方法

挿入方法

シルエットソフトは、頬の中央から挿入し、法令線の方に向かって通します。

通した針は法令線を貫通して表面に出ます。
そして、今後は逆方向にこめかみに向かって糸を通し、針をこめかみから外に出します。

片側4本から5本程度ずつ挿入します。

Step1

Step1

頬に針を刺します。

そして、頬法令線とこめかみの2方向に向かって糸を通します。

Step2

Step2

コーンが皮下組織に引っかかるので、このように医師が糸を引っ張るとたるみが上に上がります。

Step3

Step3

骨吸収や筋委縮などで顔のボリュームロスが発生しているところに脂肪を寄せることでボリュームロスを改善し、フェイスラインを立体的に形成します。

シルエットソフトは顔を立体的にできるので、「3Dリフト」とも呼ばれています。

Step4

Step4

皮膚から出ている糸を綺麗に切って完成です。

PLLA & PLGA

PLLA & PLGA

シルエットソフトは糸の部分はPLLA(ポリ-L-乳酸 : poly-L-lactic acid)、コーンの部分はPLGAという2種類の医療用の溶ける素材が使われています。

PLLAは生分解性ポリエステルのひとつPLA(ポリ乳酸 : Polylactic Acid)のL体になります。 PLGA(乳酸-グリコール酸共重合体:Poly lactic-co-glycolic acid)は体内への使用がFDAで承認されている医療用素材になります。

PLAは植物を原料として生産されており、 PLGAは約8か月~約10か月で、 PLLAは約15か月~約18か月で吸収されてなくなります。

体内に吸収された後も、生成されたコラーゲンはしばらく体内に残ります。

デメリット

傷跡と針穴が多い

傷跡と針穴が多い

シルエットソフトのデメリットとしては、針穴が多くなってしまう点になります。

一般的な糸リフトの場合、こめかみ穴を空けてそこから扇状に糸を挿入しますが、シルエットソフトの場合、中央からこめかみと下の方に向かって双方向に糸を通し、最後に皮膚を貫通させて糸を出すので、この画像のように針穴が多くなってしまう点があります。

針穴の傷跡はこの画像のようにフェイスライン上に生じるため髪の毛で隠せるので、傷跡を気にされる方はほとんどいらっしゃいません。

傷跡もほとんどの場合1週間で分からなくなります。

■1か月後

1か月後

1か月後の針の刺入点です。

傷跡が消えていることがわかります。

痛み

痛み

どの糸リフトの手術にも言えることですが、手術中と手術後の痛みが考えられます。

手術中は針を刺すので麻酔をしなければ痛みを感じます。

しかし、手術前に麻酔テープと麻酔クリームを塗ることで痛みを緩和できます。

痛み

手術中は、麻酔液を注入するので、麻酔液の注入時にチクッとした痛みは感じますが、その後は痛みを感じません。糸の挿入時のグイっとした感覚はあります。

手術後はズキンズキンずとした痛みがありますが、1週間かけて緩和していきます。この手術後の痛みは生活に困る程度の痛みではありません。また痛み止めを飲めば抑制できる程度の痛みです。

術後の痛みは出ない方はほとんどでません。

手術直後の凸凹

手術直後の凸凹

手術直後は糸を挿入した部分が盛り上がり皮膚が若干デコボコする場合があります。

この方の場合は、片側のみ若干デコボコしましたが、両側ともデコボコする場合もあります。

ただ、この症状は皮膚を持ち上げているため、手術直後におこるのみで1週間程度で落ち着きます。

■1か月後

1か月後

糸が皮膚に馴染むので、1か月後にはデコボコが無くなっています。

腫れや内出血

痛み

手術直後は腫れや内出血がある場合があります。

この方の場合はほとんど腫れませんでしたが、麻酔液の量が多い場合や体質で手術後むくみのような腫れが生じる場合があります。

その場合も1週間程度で落ち着きます。

内出血は針の刺入部に生じますが、こちらも1週間程度で分からなくなります。

本数の数え方

本数の数え方

シルエットソフトは、双方向に糸を挿入するため、1組2本の形になっています。

シルエットソフトの概要

手術料金 ¥35,000(税抜き)/1本
¥70,000(税抜き)/2本1組
施術時間 麻酔クリームの時間を含め1時間程度
通院回数 特に必要なし
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

駅近で便利。院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国24院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めて入る美容外科って緊張しますよね。共立美容外科では、初めての方でも入りやすい雰囲気つくりをしています。大事な時間を使ってお越しいただいている患者様にリラックスしていただけるよう、優しいお声がけをさせていただいております。

ラグジュアリーな雰囲気の中、リラックスして施術や手術をお受けいただければと思います。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、 日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、 日本外科学会が認定する外科専門医、 日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、 日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、 日本救急医学会が認定する救急専門医 です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われた第107回日本美容外科学会では、久次米総括院長が学会長を務めました

医学博士

救急科専門医在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師が在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

救急科専門医

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

共立美容外科で受けられるたるみ治療

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444