ヒアルロン酸の注入後の修正(ヒアルロニダーゼの注入)

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通
menu

しわ・たるみの治療ヒアルロン酸の注入後の修正

ヒアルロン酸の注入後の修正ヒアルロン酸の注入後の修正

ヒアルロン酸の注入後の修正

ヒアルロニダーゼの注入

ヒアルロン酸の注入後の修正とは

ヒアルロン酸の注入後の修正とは

ヒアルロン酸を注入しすぎてしまった場合、ヒアルロン酸を溶かすことができます。ヒアルロン酸を溶かし、再度ヒアルロン酸を注入することで、ヒアルロン酸注入後の修正を行うことができます。

これがヒアルロン酸の注入後の修正治療になります。

ヒアルロン酸の注入後の修正の手順

ヒアルロン酸の注入後の修正の手順

ヒアルロン酸を注入後に修正する場合、まずヒアルロニダーゼという製剤を使用しヒアルロン酸を溶かし、その後、3週間から1か月程度間隔を空けてからヒアルロン酸を注入します。

この2つのステップで、ヒアルロン酸を注入後に美容整形の修正をします。

Hyaluronidase(ヒアルロニダーゼ)とは

 Hyaluronidase(ヒアルロニダーゼ)とは

ヒアルロン酸を溶かす製剤で「Hyaluronidase(ヒアルロニダーゼ)」という製剤があります。ヒアルロニダーゼは、ヒアルロン酸を分解する酵素です。

このヒアルロニダーゼをヒアルロン酸を溶かしたい部位に注射器で注入すると、ヒアルロン酸は数時間で加水分解され、溶けてなくなります。

他院で注入したヒアルロン酸も溶かせます

他院で注入したヒアルロン酸も溶かせます

当院では、当院以外の他院で注入したヒアルロン酸を溶かす治療も行っています。

他院で注入したヒアルロン酸をヒアルロニダーゼで溶かす場合、いつ、どのくらいの量を、どの部位に注入したか正確にカウンセリングでお伝えください。

紹介状がなくてもご対応可能です。

ヒアルロニダーゼの適応範囲

ヒアルロニダーゼの適応範囲

ヒアルロニダーゼは、顔のシワ(ほうれい線、額、目尻など)や、涙袋、鼻、唇、アゴ、胸など、ヒアルロン酸を注入したどの部位でも適応可能です。

効果は注入後、数時間で

効果は注入後、数時間で

ヒアルロニダーゼは、皮下に注入後数時間で効果を発揮し、ヒアルロン酸を溶かし、分解させます。

ただし、効果の程度は個人差があります。

体内にもともとあるヒアルロン酸

体内にもともとあるヒアルロン酸

体内には元々ヒアルロン酸が存在しています。

ヒアルロニダーゼを注入すると、体内に元々あるヒアルロン酸も溶かしてしまいます。

しかしながら、体内に元々あるヒアルロン酸は、溶けてから数日以内に回復するため、ヒアルロニダーゼを注入してもほとんどの場合問題ありません。そのため、組織がへこむことは、ほとんどありません。

数日から数年前に注入したヒアルロン酸まで溶かせます

数日から数年前に注入したヒアルロン酸まで溶かせます

ヒアルロニダーゼは、体内に注入したヒアルロン酸が残っているのであれば、1年前や2年前に注入したヒアルロン酸も溶かすことができます。

もちろん数週間前や数か月前に注入したヒアルロン酸も溶かすことは可能です。

麻酔クリーム

数日から数年前に注入したヒアルロン酸まで溶かせます

ヒアルロニダーゼを注入する際に、注射針の痛みを感じないようにするために、麻酔クリームもご用意しております。

麻酔クリームを皮膚表面に塗り、数十分放置すると、皮膚表面が麻痺してくるので、痛みをほとんど感じなくなります。

野本 俊一 医師

数日から数年前に注入したヒアルロン酸まで溶かせます

このページは、共立美容外科の野本俊一(のもとしゅんいち)医師の監修で作成しています。

野本俊一医師は日本医科大学付属病院の形成外科にも在籍しており、ヒアルロニダーゼについての学会発表や論文も執筆しています。

ヒアルロニダーゼの論文1

ヒアルロニダーゼの論文1

私の書いたヒアルロニダーゼに関する論文は、『ヒアルロン酸注入治療安全マニュアル -必須の知識と事故対策 -』(克誠堂出版/2018年)という書籍に、「2. 必須!のヒアルロニダーゼの知識」という題名で寄稿されています。

ヒアルロニダーゼの論文2

ヒアルロニダーゼの論文2

私の書いたヒアルロニダーゼに関する論文は、『美容皮膚医学BEAUTY 第2号(Vol.2 No.1, 2019)』(株式会社 医学出版/ 2019年)という書籍に、「ヒアルロン酸製剤注入のトラブル」という題名で寄稿されています。

ヒアルロニダーゼについて論文発表をしました

ヒアルロニダーゼについて論文発表をしました

ヒアルロニダーゼについて共立美容外科の野本俊一医師が、医師向けに論文で発表を行いました。

ヒアルロニダーゼについて学会発表をしました

ヒアルロニダーゼについて学会発表をしました

第107回日本美容外科学会で共立美容外科の野本俊一医師が、ヒアルロニダーゼについて学会発表を行いました。

よくあるご質問

よくあるご質問に対して、野本 俊一 医師が回答しました。

よくあるご質問
    • 患者様

      ヒアルロニダーゼを注入して溶かしてから、どの程度の期間を空ければ、再度同じ部位に注入することができますか?

    • 野本俊一医師

      再度注入する場合は、ヒアルロニダーゼで溶かしてから3週間から1か月程度空けてからヒアルロン酸を注入することをお勧めしています。

    • 患者様

      3か月前に注入したヒアルロン酸でも溶かすことはできますか?

    • 野本俊一医師

      体内にヒアルロン酸が残っていれば、もちろん溶かすことが可能です。

    • 患者様

      部分的に溶かすことはできますか?3か月前に注入したヒアルロン酸でも溶かすことはできますか?

    • 野本俊一医師

      部分的にピンポイントでヒアルロン酸を溶かすことはできません。溶かしたい部分以外のヒアルロン酸も溶かしてしまいます。

    • 患者様

      溶けたヒアルロン酸はどうなるのですか?

    • 野本俊一医師

      溶けたヒアルロン酸は分解してなくなります。

    • 患者様

      ヒアルロニダーゼは、ヒアルロン酸以外も溶かすことができますか?

    • 野本俊一医師

      ヒアルロニダーゼは、ヒアルロン酸のみ溶かすことができます。

    • 患者様

      ヒアルロニダーゼは、再注入することができますか?

    • 野本俊一医師

      ヒアルロニダーゼは、再注入することが可能です。

    • 患者様

      ヒアルロニダーゼを注入すると腫れますか?

    • 野本俊一医師

      ヒアルロニダーゼは、注入しても腫れることはほとんどありません。しかし中には体質で腫れる場合もあります。個人差があります。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。

ヒアルロニダーゼの注入の概要

料金 当院で行ったヒアルロン酸を溶かす場合 ¥60,000
他院で行ったヒアルロン酸を溶かす場合 ¥120,000
※ヒアルロン酸を溶かした後に、再度ヒアルロン酸を注入する場合、別途ヒアルロン酸の注入料がかかります。
治療時間 約10分
通院回数 1回
回復までの期間 針穴、赤みは1日程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

ヒアルロン酸注入のメニュー

◆鼻のヒアルロン酸

◆唇のヒアルロン酸

◆豊胸のヒアルロン酸

◆ボリューマ(顔のシワ、たるみ)のヒアルロン酸

◆ボリフト(顔のシワ、たるみ)のヒアルロン酸

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

しわ治療の人気治療

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるしわ治療

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444