入れ墨(刺青)・タトゥー除去

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国26院共通
menu

入れ墨・タトゥー除去について 入れ墨・タトゥー除去について

タトゥー、刺青除去

タトゥー除去の種類

入れ墨・タトゥーの除去の方法はいくつかあります。

美容外科などの医療機関で行う代表的な方法には、「レーザー照射」「単純切除」「皮膚削除」「切除して皮膚移植」の4つがあります。

レーザー照射の場合、レーザーを2,3ヶ月に1度当てることで、徐々に薄くしていきます。
1回でも薄くなりますが、濃い場合は、複数回行う必要があります。

レーザー以外の「単純切除」「皮膚削除」「切除して皮膚移植」で除去する場合は、傷跡は最小限目立たないように手術は行われますが、どうしても傷跡が残ってしまいます。

これらの手術は刺青を「傷に置き換える」手術になります。
入れ墨を入れていると社会生活に制限がかかる場合があるので、それを回避することが目的になります。

ただし、皮膚切除や皮膚移植は現在ではあまり行っていません。

ヤグレーザーを使用した、タトゥー除去の症例

この症例はヤグレーザーを1回照射した症例です。

このように黒一色の場合は、ヤグレーザーのみで、ほとんどの場合、傷跡を残さずに綺麗に消す事ができます。

色がついている場合は、ヤグレーザーではなく、ピコレーザー(新宿本院限定)で除去します。

また、色がついている刺青の場合は、レーザーではなく、単純切除で除去する場合が多いです。

いずれの方法も、刺青の状況により対応できない場合もありますし、完全にきれいになるというわけではありません。

入れ墨の除去方法の比較表

レーザー 単純切除 切除して
皮膚移植
黒の
入れ墨
赤/青/茶の
入れ墨
緑/黄/肌色の
入れ墨
×
大きい
入れ墨
小さい
入れ墨
×
傷跡 ほとんど
分からない
直線・ジグザグ線
の傷跡
広範囲に
不自然な傷跡
入院の必要 なし なし 基本なし
回数 1回~複数回 1回~複数回 1回~複数回

レーザーの色素対応表

※表は左右にスライドしてご覧いただけます。

 
ピコレーザー
ヤグレーザー
アレキサンドライト
レーザー
ルビーレーザー

刺青を除去するレーザーにはいくつか種類があります。
レーザーを発振させる素子によって波長が異なります。

素子にはピコ、ヤグ、アレキサンドライト、ルビー、といった種類があります。
レーザーによって対応できる色が異なります。
ピコレーザーは基本的に全ての色に対応することが可能です。

一方、ヤグ、アレキサンドライト、ルビー、といったレーザーは黒色に反応しますが、そのほかの色にはあまり反応しません。

特に墨汁の場合はよく反応しますが、金属が含まれているインクの場合は、5回以上のレーザー照射が必要な場合があります。

タトゥー、刺青除去

この症例は1回ピコレーザーを当てた直後の状態です。
少し当てた部位が盛り上がっていて赤みもありますが、すぐに治まります。

1回の照射でものこの程度綺麗になります。

この症例の治療の様子を磯野副総括院長が解説しながら動画でご紹介しています。

症例

ピコレーザーでの治療 施術前と施術1分後の比較

40㎠程度の症例です。
黒一色ですので、比較的簡単に薄くすることができます。
ピコレーザーで行いました。

1回目だったので出力を弱く行いましたが、ワントーン薄くすることができました。

費用:¥50,000円
※別途、麻酔テープ代 ¥5,500
※金額は目安になります。

画像だと変化が分かりづらいですが、レーザーに寄ってみると、動画だと実際に黒色の色素が飛んでいることがわかります。

※この動画は2倍速です。

この症例の施術の様子を動画でもご紹介しています。

自分自身で入れた墨汁

自分自身で入れた墨汁などで手首に入れた刺青はこのように1回でもきれいになります。

症例2

ピコレーザーでの治療 施術前と施術1分後の比較 王冠のマーク

縦2cm、横3cm程度の小さいタトゥーです。
施術前と1回目の施術1分後の状態です。

ピコレーザーを当てたところが少し盛り上がっています。
皮膚の赤みは、麻酔テープによるものです。

費用:¥33,500
※別途、麻酔テープ代 ¥5,500
※金額は目安になります。

画像では、あまり変化がないように見えますが、実際にピコレーザーを照射した様子を見ると、色素が薄くなっていることがわかります。

また、タトゥーの線も細くなっています。

まだ1回目なので、回数を重ねると薄くなっていきます。

この症例の施術の様子を動画でもご紹介しています。

色がついた刺青

カラフルな花の形の刺青

色が入っている刺青にも、各種レーザーで対応しています。

このようにカラフルなタトゥーでも、色ごとに波長を変えることで、薄くすることが可能です。

また、回数を繰り返すことで、ほとんど目立たなくすることも可能です。

宝石の柄の刺青

蛍光色にも対応しています。

ニコニコ柄の刺青

いずれのタトゥーも共立美容外科の症例です。
この画像のように色に反応して、刺青が消えています。

レーザー治療の流れ

  • Step 1:カウンセリング

    美容の専門医によるカウンセリングを行います。

    Step 1:カウンセリング
  • Step 2:麻酔

    麻酔クリームを塗ります。20~30分時間を置きます。

    Step 2:麻酔
  • Step 3:レーザー照射

    タトゥー(入れ墨)部分にレーザー照射します。
    皮膚の深部にある色素だけをピンポイントで破壊します。
    正常な皮膚組織を傷つける事なく、治療する事ができます

    Step 3:レーザー照射
  • ここがポイント

    痛みに弱い方の為に、局所麻酔もご用意しています。

    ここがポイント
  • Step 4:照射直後

    照射直後です。
    照射したタトゥー(入れ墨)の部分だけ浮き出てきます。

    Step 4:照射直後
  • Step 5:アフターケア

    範囲が広い場合は、保護テープを貼り終了。

    Step 5:アフターケア

レーザーの治療後のイメージ

治療の流れ

上記はイメージです。入れ墨の状態により増減がございます。
入れ墨の状態によりますが、2~5回ほど照射するとかなり薄くすることができます。完全に消えるまでは10回以上かかります。

レーザーの刺青除去の料金と概要

レーザーの刺青除去の料金と概要

料金は刺青の範囲によって異なります。
刺青の範囲が大きくなれば、それだけ料金も高くなります。
1㎠を1マスとして、マスに掛かっている部分が少しでもあれば1㎠としてカウントされます。
この画像の場合は83マス分1㎠があるので、刺青の範囲は83㎠になります。

ヤグレーザー、ルビーレーザーの場合

モニター価格 下記料金から10%OFFになります。
料金 1~5㎠ ¥18,570
6~10㎠ ¥26,880
11~30㎠ ¥34,220
31~50㎠ ¥40,080
51~100㎠ ¥44,970
101~150㎠ ¥48,880
151~250㎠ ¥60,620
251~300㎠ ¥71,370
301~350㎠ ¥81,150
351~400㎠ ¥89,950
401~450㎠ ¥97,770
治療時間 範囲によりますがレーザーの照射時間は10分から20分程度が目安です。
麻酔クリームをつける場合は別途30分程度かかります。
麻酔代 別途、麻酔クリーム、麻酔テープなどの麻酔代がかかります。
麻酔代は、範囲によって異なります。
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 可能

ピコレーザーの場合(新宿本院・仙台院限定)

モニター価格 下記料金から10%OFFになります。
料金 1~5㎠ ¥23,010
6~10㎠ ¥33,500
11~30㎠ ¥42,260
31~50㎠ ¥50,000
51~100㎠ ¥55,910
101~150㎠ ¥61,000
151~250㎠ ¥75,260
251~300㎠ ¥89,010
301~350㎠ ¥101,130
351~400㎠ ¥112,130
401~450㎠ ¥122,010
治療時間 範囲によりますがレーザーの照射時間は10分から20分程度が目安です。
麻酔クリームをつける場合は別途30分程度かかります。
麻酔代 別途、麻酔クリーム、麻酔テープなどの麻酔代がかかります。
麻酔代は、範囲によって異なります。
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 可能

手術での除去方法について

単純切除

入れ墨をメスで切除し、皮膚を縫い合せる方法です。小さい入れ墨であれば、一度の手術で終わります。ただ、皮膚を切除し、縫い合せるため、皮膚が伸びたときに傷が閉じるサイズでしか切除できないため、大きい入れ墨の場合は、何回かに分けて切除します。
手術でメスを使うため、傷跡は残ってしまいますが、場合によっては、ジグザグの線にし、傷を目立ちにくくします。
もちろん、共立美容外科では傷跡が最小限目立たないように手術を行います。

《共立美容外科・歯科の美容外科医師から一言》

単純切除について

レーザー治療が時間がかかってしまうため、通院時間が取れない方や、皮膚を伸ばしやすい箇所(太ももなど)に入れ墨が入っている方に適応されます。

単純切除の流れ

小さい場合

入れ墨の周りを、葉っぱのような形にメスを入れて切除します。

皮膚削除step1

周りの皮膚を引き寄せて合わせます。

皮膚削除step2

皮膚を縫い合せて終了です。
極力目立たない傷にするように施術します。

皮膚削除step3

大きい場合

切除した後に、周りの皮膚を引き寄せて縫い合せる事が可能な大きさで、メスをいれます。

皮膚削除大きい場合step1

周りの皮膚を引き寄せて合わせます。

皮膚削除大きい場合step2

全ての入れ墨を切除できないので、切除できなかった入れ墨が残ります。
3~6ヶ月待ち、周りの皮膚が伸びるのを待ちます。

皮膚削除大きい場合step3

3~6ヶ月後、周りの皮膚が伸びたら、切除できなかった入れ墨の周りを葉っぱのような形にメスを入れて切除します。

皮膚削除大きい場合step3

周りの皮膚を引き寄せて合わせます。

皮膚削除step2

皮膚を縫い合せて終了です。
極力目立たない傷にするように施術します。

皮膚削除step3

単純切除の概要

料金 1cm ¥20,900~¥30,800
治療時間 1cm約10分~
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 可能
その他特記事項 化粧は直後より可

切除して皮膚移植

一度に大きく切除する場合、その切除した部分を違う皮膚で補うため、自分自身の他の箇所から皮膚を持ってきて、その部分に縫合(ほうごう)します。
持ってくる皮膚は、主に、お尻や太ももになります。皮膚移植すると、移植部分はメッシュ状に痕(あと)が残ってしまうため、周囲の皮膚と比べるとかなり目立ってしまいます。また、皮膚が定着するまでの間、一週間は入院する必要がありますし、毎日の包帯交換が必要などのご負担の大きい手術になります。現実的には皮膚移植まで行うことは、非常にまれです。

《共立美容外科・歯科の美容外科医師から一言》

切除して皮膚移植について

植皮の跡は周囲の肌の色や質感と異なってしまうため、美容の観点からおススメできません。美を気にされる女性に対しては不向きです。植皮をした皮膚の方が入れ墨を入れている皮膚より社会に対する印象が良いため、やむを得ない場合に行なう施術です。

切除して皮膚移植の概要

料金 1cm² ¥10,230~
治療時間 1時間半~2時間
カウンセリング当日の治療 不可
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 可能
その他特記事項 化粧は直後より可

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

このページの監修・執筆医師

  • 医師 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    医師

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444