美容整形なら共立美容外科 共立美容外科は全国に24院展開しています。美容整形を中心とした美容医療を提供しています

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

脂肪注入豊胸術コンデンスリッチ豊胸手術(CRF)

濃縮脂肪細胞注入法 コンデンスリッチ豊胸術濃縮脂肪細胞注入法 コンデンスリッチ豊胸術

しこりになりにくいように注入し
理想のバストに

濃縮脂肪細胞注入法
コンデンスリッチ豊胸術

コンデンスリッチ豊胸手術とは?

ご自身の身体から採取した脂肪から不純物を除去した上で、バストに注入する手術です。コンデンス(濃縮)技術と呼ばれる方法で、採取した脂肪を外気に触れず遠心分離にかけ、石灰化や脂肪壊死の原因になる不純物を除去してキレイな脂肪だけを注入します。

「胸が小さい」、「授乳後にしぼんだ」、「シリコンバッグを入れたけど不安」というようなお悩みには、ご自身の脂肪を利用して自然にバストアップができるコンデンスリッチ豊胸術が向いています。コンデンスリッチ豊胸手術は「コンデンスリッチファット」、「コンデンスリッチ脂肪注入」「CRF」とも呼ばれています。

コンデンスリッチ豊胸術とは?

コンデンスリッチ豊胸

1

CRF(コンデンスリッチファット)協会加盟

2

外気に触れない方法で、リスクを軽減!

3

手術時間が短くなりました!

コンデンスリッチ豊胸
1

CRF(コンデンスリッチファット)協会加盟

CRF(コンデンスリッチファット)協会に加盟しています。

CRF協会加盟
2

外気に触れない方法で、リスクを軽減!

脂肪吸引から濃縮・分離・注入まで専用シリンジ内で行い、外気に触れず無菌状態です。

濃縮・分離・注入まで専用シリンジ内で行う
3

手術時間が短くなりました!

質の良い脂肪が抽出できるので、採取する量も少なくて済みます。

従来の脂肪注入術の半分以下の手術時間

コンデンスリッチで使用するマシンについて

コンデンスリッチ豊胸術では「LIPOMAX-SC」という遠心分離機を使用します。LIPOMAX-SCは吸引した脂肪を胸に注入した際に、生着しやすい「コンデンスリッチファット」という濃縮な脂肪を作ります。
また、コンデンスリッチファットを作る過程で、吸引した脂肪から、胸に注入する際に不純物となる死活・老化細胞を分離することができます。

LIPOMAX-SC

LIPOMAX-SCの使い方

まず吸引した脂肪をLIPOMAX-SCに入れます。次にLIPOMAX-SCのフタを閉めてスイッチを押します。
スイッチが入ると、LIPOMAX-SCが回転し、吸引した脂肪から胸に注入した際に生着率が高いコンデンスリッチが作られます。

LIPOMAX-SCの使い方

コンデンスリッチ

吸引した脂肪を、遠心分離機のLIPOMAX-SCで遠心分離をすると、コンデンスリッチを作ることができます。また、コンデンスリッチを作ると同時に、死活・老化細胞などの不純物を除去します。
コンデンスリッチ豊胸では、生着率の高いコンデンスリッチのみを胸に注入してバストアップします。

コンデンスリッチ

ウェイトフィルターとシリンジ

脂肪を吸引する際に使用する、筒状の医療機器(シリンジ)があります。コンデンスリッチ豊胸で使用するシリンジには、ウエイトフィルターというものがついています。吸引した脂肪をコンデンス(濃縮)にする秘密は、このウェイトフィルターにあります。脂肪組織を単に遠心分離して濃縮しただけでは、コンデンスリッチファット(CRF)とは言えません。

ウェイトフィルターとシリンジ

コンデンス(濃縮)技術は、圧力を脂肪組織に加えることで、死活細胞だけでなく、力尽きた老化細胞をも除去し、健全な若い脂肪細胞と幹細胞を濃縮することができる技術です。このことは、脂肪の定着を良くするだけでなく、石灰化や脂肪壊死といったこれまでの脂肪注入特有の合併症を防ぐことになります。

また、フィルターを装着した状態でのプロセスのため、空気に含まれる菌やほこりなどのコンタミ(不純物)に触れる事の無い環境で行うため、感染症等のリスクを大幅に削減しました。

ウェイトフィルターのフィルタリング技術

ウェイトフィルターには、液体のみを通す小さな穴が空いており、排泄オイルになった液体と残った健全な脂肪細胞を分離させることができます。

フィルタリング技術

ベイザーリポ

脂肪を吸引する際に、ベイザーリポという脂肪吸引で使用する医療機器を使い吸引する事もオプションで選べます。
ベイザーリポは脂肪細胞に特異的に反応する高周波を用いる事で脂肪細胞を遊離させて除去することができます。アメリカではすでに650台の導入実績があります。

ベイザーリポ

手術の流れ

共立美容外科技術指導医、磯野医師がコンデンスリッチ豊胸術をわかりやすく解説します。

手術の流れ
  • Step1 受付

    Step1 受付
    • 医師

      患者様を極力お待たせいただかないようにするために、完全予約制になっています。
      事前にお電話やホームページよりご予約をいただいたのち、ご来院くださいませ。
      笑顔で受付スタッフがご対応させていただきます。

  • Step2 問診票

    Step2 問診票
    • 医師

      カウンセリング前に、問診票をお書きいただきます。
      問診票には、カウンセリングで医師にご相談したい内容や、痩せたい部位などの悩みをお書きください。

  • Step3  医師によるカウンセリング

    Step3 医師によるカウンセリング
    • 医師

      カウンセリングは、プライバシーに配慮した、完全個室ルームで行います。私は男性ですので、女性の方でも話しやすさを心がけていますので、お気になることは何でもご相談してくださいね。
      タブレットなどを使って、手術方法や日常生活でお気を付けいただく点などをご説明させていただきます。実際に使用する医療器具についてご説明させていただくこともありますよ。
      ご希望に応じた、サイズ・形を決定いたします。

  • Step4 ご料金の説明

    Step4 ご料金の説明
    • 医師

      治療の前に、ご料金の説明をさせて頂いております。ご料金にご納得いただいてからの治療になります。無理に治療を勧めることはございません。

  • Step5 事前の血液検査

    Step5 事前の血液検査
    • 医師

      コンデンスリッチ豊胸の手術は、全身麻酔などで行うため、手術を行って問題ないかご確認させていただくために、事前の血液検査を行います。検査結果は数日で分かりますよ。
      手術は、検査結果が出てから行う事になります。カウンセリング当日に手術日をご決定いただきます。

  • Step6 手術日当日

    Step6 手術日当日
    • 医師

      手術日当日はリラックスしてお越しください。

  • Step7 オペ室へ入室

    Step7 オペ室へ入室
    • 医師

      オペ室に、ご移動いただきます。コンデンスリッチ豊胸の手術は全身麻酔等で行います。
      オペ室にはBGMも流れていますので緊張なさらずにリラックスして頂ければと思います。看護師など医療スタッフがそばにいますので、何かございましたらお知らせください。

  • Step8 脂肪の吸引

    Step8 脂肪の吸引
    • 医師

      胸に注入するための脂肪を吸引します。傷跡がほとんど残らないように、傷跡保護器具を使用します。吸引箇所が凸凹にならないように配慮して吸引します。
      また手術には複数人の医療スタッフが配備されています。

  • オプション:ベイザーリポで脂肪吸引

    オプション:ベイザーリポで脂肪吸引
    • 医師

      ご希望の場合、脂肪吸引機器のベイザーリポを使用することが可能です。

      別途¥50,000

  • Step9 吸引した脂肪を遠心分離

    Step9 吸引した脂肪を遠心分離
    • 医師

      吸引した脂肪を、医療用の遠心分離機「LIPOMAX-SC」の中に入れます。
      脂肪は外気に触れることなく、遠心分離され、不純物が除去され、胸への生着率の高い脂肪細胞のコンデンスリッチファットが作られます。

  • Step10 コンデンスリッチファットの完成

    Step10 コンデンスリッチファットの完成
    • 医師

      医療用の遠心分離機「 LIPOMAX-SC」からコンデンスリッチファットを取り出します。作られたコンデンスリッチファットは、血液や死活脂肪細胞などの不純物がないため、綺麗な黄色がかった色をしています。

  • Step11 胸への注入

    Step11 胸への注入
    • 医師

      片側ずつ、サイズや形を計算しながらコンデンスリッチファットを注入します。画像をご覧いただくと、片側に入れただけでこんなに胸が膨らんでいるのがわかります。左右差が出ないように微調整しながら、もう片方の胸にもコンデンスリッチファットを注入して完成です。
      ※腫れや内出血が出る場合がありますが、1~2週間前後かけて徐々にひいていきます。
      ※胸へ注入した脂肪の生着率には個人差があります。

  • オプション:ACRの注入

    オプション:ACRの注入
    • 医師

      脂肪を吸引する際に、血液も一緒に吸引されます。その血液から、濃縮した血漿(多血小板血漿)「ACR」を作る事が可能です。ACRをコンデンスリッチファットと同時に注入すると、コンデンスリッチファットの胸への生着率を高められます。

      別途¥100,000

  • Step12 ご帰宅

    Step12 ご帰宅
    • 医師

      手術お疲れさまでした。また1週間後程度を目安に検診にいらっしゃってくださいね。

  • Step13 1週間後の検診

    Step13 1週間後の検診
    • 医師

      術後の経過を拝見させていただくために、手術後1週間を目安に検診にお越しいただいております。
      アフターケアを行っていますよ。

  • Step14 アフターケア

    Step14 アフターケア
    • 医師

      術後の状態を確認させていただいてます。なにかご不安なことがありましたら、お気軽にご相談下さいね。

動画で流れを解説

youtube
    • 医師

      動画で、コンデンスリッチ豊胸の流れを解説しています。

しこりになりにくい注入方法

コンデンスリッチファットは、一か所に集中して注入してしまうと、注入したコンデンスリッチファットが死滅し、しこりになる恐れがあることが、研究により分かりました。そのため、血液が多く通っている胸の浅い層の乳腺に少量ずつ分散して注入しています。
また、注入口は傷跡が目立たない胸の下の外側の部分の片側1か所ずつから注入しています。

注入方法の比較

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムについて

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムについて

■内出血・腫れ
脂肪を吸引した個所に広範囲に現れます。また脂肪(コンデンスリッチ)を注入した胸の注入部位に豆粒代の内出血がでます。どちらも個人差はありますが、1週間程度で引いていきます。

■手術後の痛みについて
筋肉痛のような痛みが1週間程度かけて引いていきます。痛み止めもご用意してあります。

■内出血・腫れのダウンタイム対策
圧迫(ガードル)固定といって、脂肪を吸引した部位に、タイツのような衣類を着用していただくことで、むくみをとり、内出血や腫れが早く引くようにしています。 圧迫(ガードル)は、1週間程度着用していただきます。

■入浴について
圧迫(ガードル)固定をしているため、入浴をすることは圧迫(ガードル)を外すまでお控えください。入浴の代わりに、洗面所でシャワーや洗顔、布で体を拭くなどしていただきます。

■通勤・通学について
翌日から通勤、通学していただくことが可能です。しかし念のため、手術日の翌日はお休みをお取りいただくことを推奨しています。

■激しい運動について
1週間から10日程度は激しい運動をお控えください。

※ダウンタイムは個人差があります。ここでは標準的なダウンタイムをご紹介しています。また、ダウンタイムがでないよう配慮して手術を行っています。

濃縮脂肪細胞注入法・
コンデンスリッチ豊胸術の概要
保険適用外の自由診療・税抜き

手術料金(税抜き) 濃縮脂肪細胞注入法・コンデンスリッチ豊胸術
¥1,120,000(麻酔代含む)
※注入量は200〜300ccを目安。

ACR(血液から濃縮した血漿※多血小板血漿を注入)
ACRには注入した脂肪細胞の生着率を高める作用があります
※ベイザーリポで行う場合 プラス¥50,000
ベイザーリポはこちらをクリック!

同時に、お顔(気になるしわ、頬のくぼみなど)に注入する
Micro CRF注入療法こちらをクリック!
手術時間 60分前後
※脂肪注入は20分~30分
通院回数 1~2回
回復までの期間 1ヶ月。
生着率の判断は6ヶ月~1年。
カウンセリング当日の治療 原則不可(応相談)
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 当日より可能
その他特記事項 脂肪吸引部位3~5日間入浴不可。以外は特になし。

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

駅近で便利。院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国24院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めて入る美容外科って緊張しますよね。共立美容外科では、初めての方でも入りやすい雰囲気つくりをしています。大事な時間を使ってお越しいただいている患者様にリラックスしていただけるよう、優しいお声がけをさせていただいております。

ラグジュアリーな雰囲気の中、リラックスして施術や手術をお受けいただければと思います。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師、望月 香奈医師、小島 正裕医師も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われた第107回日本美容外科学会では、久次米総括院長が学会長を務めました

医学博士

救急科専門医在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師が在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

救急科専門医

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

共立美容外科で受けられる豊胸・胸の施術

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

“コンデンスリッチ豊胸術” “バッグ豊胸術” “シンデレラ豊胸術” “幹細胞脂肪注入豊胸” “モティバ” “アクアリフト”