共立美容外科のニキビ・ニキビ跡の施術について

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通
menu

ニキビ・ニキビ跡ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ跡
~凹み・色素沈着~

ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビとひとくくりに言っても、ニキビには色々な種類があります。

軽度~重度ニキビ、また思春期ニキビや大人ニキビなど様々な種類があります。
さらに、ニキビの原因もストレスや生活習慣など人それぞれちがいます。

ニキビの種類も豊富にあれば、ニキビの原因も豊富にあるので、ニキビ、ニキビ跡治療は一人一人に合わせて行わなければいけません。

共立美容外科・皮膚科では一人一人にあったニキビ、ニキビ跡治療をおこなっています。

ニキビ・ニキビ跡治療について

共立美容外科で対応できるニキビ

ニキビは大きく分けると、炎症中の現役ニキビと、炎症が終わった後のニキビ跡(痕)に分けることができます。
とはいっても、ほとんどの方は、現役のニキビとニキビ跡(痕)が混在している状態になります。

また、残念ながらニキビ治療は1回で治る治療ではありません。

回数を重ねて徐々に治していく治療になります。
ただ、治療をする上でほとんどの方が改善します。

また、治療を始めることで、悪化を防ぐことができるので、それだけでも治療を始める意義があります。

現役ニキビ

白ニキビ

白ニキビ

白ニキビは、炎症を起こす前の初期段階のニキビになります。閉鎖面皰(めんぽう/コメド)とも呼びます。

肌が乾燥していたり、肌の状態が不安定だと、ターンオーバーが乱れてしまい、皮膚が厚くなってしまうことで、皮脂やたんぱく質が毛穴内部にたまり、毛穴が完全にふさがってぽつぽつと皮膚に現れます。

毛穴の内部に溜まった皮脂やたんぱく質が白く透けて見えるため、白い色をしています。

かゆみや痛みといった症状はありません。

黒ニキビ

黒ニキビ

黒ニキビは、閉鎖面皰(へいさめんほう)とも呼ばれます。

白ニキビが開口し毛穴に詰まった皮脂や汚れが空気に触れ、黒く酸化してしまったものです。毛穴も盛り上がるので、黒ニキビの上にファンデーションをのせると、余計凹凸が目立ってしまいます。

炎症しているニキビではないため、痛みや痒みといった症状はありませんが、見た目が綺麗ではないため、悩まれる方は多くいらっしゃいます。
黒ニキビは鼻に現れることが多く、「いちご鼻」とも呼ばれています。

白ニキビと同様、毛穴が詰まっている状態なので、皮脂が正常に外に排出されず、悪化すると赤ニキビになってしまいます。

黒ニキビを押すとニュルっと出てきますが、そのままにしておくと細菌が入ってしまい、余計悪化して、後々クレーターや色素沈着が残ってしまう可能性が高くなります。

黒ニキビができてしまったら、ご自宅でも手の指でくるくる皮膚を優しくマッサージしながら脂を落とすように洗顔することで、悪化を抑制することができます。

赤ニキビ

赤ニキビ

赤ニキビは、アクネ菌や表皮ブドウ球菌といった細菌が毛穴の中で増殖し活性化してしまい、皮膚のたんぱく質を刺激し、炎症を起こした状態のニキビになります。痛みを伴う場合もあります。

また、炎症が強くなると、皮膚が盛り上がったり、しこりが生じたりする場合があります。

アクネ菌は皮脂を食べて繁殖するので、皮脂が増えると、赤ニキビが起こりやすくなります。

女性の場合、ホルモンバランスが崩れやすい、ストレスが過剰な時や、生理前、睡眠不足の時に、赤ニキビができやすいです。

炎症が起こってしまうと、毛穴の中やまわりに白血球が集まって、アクネ菌や表皮ブドウ球菌を抑制しようと戦います。その際に、皮膚の組織が傷つけられると、クレーターや色素沈着などのニキビ跡として残ってしまいます。

赤ニキビは炎症を起こしていて、皮膚の深いところまで進行している非常にデリケートな状態なので、無理に潰そうとして刺激を与えてしまったり、 触って雑菌が入ってしまうと、炎症が広がり悪化してしまう可能性が高くなります。

赤ニキビが悪化すると、後々、クレーターや色素沈着になる恐れがあります。

黄ニキビ

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化すると、ブドウ球菌が増殖して膿むと中心が黄色い色味がかかった黄ニキビになります。
黄ニキビはジンジンとした痛みが伴います。

アクネ菌と戦った白血球の死骸が毛穴にたまり、黄色く見えます。

膿をともなうニキビは膿疱(のうほう)とも呼ばれます。

また炎症が続くと、膿が溜まって嚢腫(のうしゅ)となったり、結節(けっせつ)ができる場合もあります。
跡が残りやすくなるので、黄ニキビになっている場合は、注意が必要です。

現役ニキビの治療方法

ニキビの治療方法

これらの現役ニキビを治療するためには、ターンオーバーを活性化し、治癒を早め、角質肥厚を抑制することが治療のポイントです。

ニキビ跡・痕

ニキビ跡・クレーター

ニキビ跡・クレーター

ニキビ跡は、ニキビの炎症の後に、凹みがクレーター状として残ってしまうものです。
ニキビ跡といっても、凹みの種類によって、アイスピック型、ボックスカー型、ローリング型などの形があります。

どの型も凹みが深ければ深いほど、改善するのが難しくなります。
ただ、完璧に治らなくても、治療を続けることで、凹みが緩和されますし、直角の凹みも丸みを帯びるので、精神衛生上かなり楽になります。

2010年代後半からは、ニキビ跡治療のマシンや医療機器が多く出ているので、今後ますます治療が進んでいく分野になります。

ニキビ跡の治療は1回では治らないので、数回治療を受けなければなりません。
徐々に緩和していくイメージで治療に臨まれるとよいでしょう。

ニキビ痕・色素沈着

ニキビ痕・色素沈着

ニキビ痕とはニキビの赤みが消えた後、皮膚に残ってしまった茶色いシミのような状態を言います。

炎症がシミの原因であるメラノサイトを刺激してしまいメラニンが多く作られシミになってしまいます。

また、炎症により毛細血管が赤く目立つ色素沈着もあります。

このような色素沈着は、紫外線にあたると、濃くなり消えづらくなるので、日常的に気を付けなければなりません。
自然治癒に期待すると、薄くなるまでに時間がかかるので、皮膚のターンオーバーを早めることで、メラニンを外に出し、色素沈着を色を薄めます。

イオン導入

ビタミンCイオン導入

ビタミンCをイオン導入します。

⇒イオン導入の詳細はコチラ

ビタミンCイオン導入

メニュー

ニキビ・ニキビ跡の施術一覧から探す

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444